2009年10月01日

七五三のお祝い

昔は、子供が生まれても生き延びる事が出来る子供は少なかったんですね。

子供が7歳になるまでは、生まれた子は、
神様からの預かりものとされていたのです。

ですから、子供が3歳、5歳、7歳となると
「ここまで生きて成長してくれてありがとう」という喜びで、
お祝いをするようになった・・・と言うのが、
七五三文化の由来なのだそうです。

3・5・7と言うのは、良い数字・・・だそう。

良くない数字の2・4・6では、お祝いしなかったんですね・・・。


女児 着物反物お仕立付き


【SALE】【今だけ50%OFF】華やかな着物であっという間にお姫様!!レンタル着物にはない豪華さ!!!... 

人気ブログランキングへ
↑応援クリックおねがいします

posted by hiti at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 七五三の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129246773
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。